FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つかなかった…

ちょっと前のはなしですがアメリカのNEW BONNEVILLE というサイトでシートネジを買いました。



いざ届いたらけっこうデカイ、本当に大丈夫か?と少しの不安を抱きつつも、スラクストンのページにもあったから付くだろう(`・ω・´)


確かに付きました。(すいません写真ないです)

でも、


シングルシートカバーが付かない…(´;ω;`)

HPにもそんなこと書いてなかったのに…こういうのが海外通販の怖さですね。。自己責任です。

仕方ないので先日、フロントサススプリングを交換してもらってる間にホームセンターでネジを買ってきました。


一つ125円!安い!

つかなかったネジは2本で3000円(´・ω・`)

まぁそんなもんだよね…
スポンサーサイト

| カスタム | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フロントサススプリング



お久しぶりです。
寒くなってきてめっきりバイクに乗る時間が減ってきました。

といってもブログを更新してないだけで乗ってはいるんですが。。



今回のメインはフロントサススプリングを交換した件

元をたどれば今年の7月に東北ツーリングをしたときまで遡ります。

これまでフロントサスは純正でプリロードは5段目にしいてました。標準は7段階で真ん中の4段目なので、すこし抜いて柔らかめというところ。

東北では快走路がおおくて結構なペースで延々走ることができたんですが、コーナーでフロントに荷重がかかるとなんかフロント周りがブレる。



そんな時に某ライコランドでフロントサスが柔らかすぎるのではと指摘を受け、若干プリロードを入れたのですがイマイチしっくりこない。

そんかわけで試しに?スプリングを交換することに。

ボンネビル系ではホワイトパワーにする人が多いようでここはあえてオーリンズを選択。



待つこと3ヶ月。

ようやく先週土曜日に交換してきました。

翌日早速試しに千葉へ。



はい。見た目じゃ何も変わりませんね。

とりあえずプリロードは交換前と同じで走ります。

純正に比べて10%ハードということですが、随分と硬く感じます。

不等ピッチから等ピッチに変わったことも影響しているのでしょうか?

直線での走行は快適ですが、コーナーでフロントがあまり沈まずきっかけが掴みにくい。
途中でプリロードを一段抜いてみました。これで6段目。

いくらか動くようになりましたが、気になる点が…

フロントに荷重かけて曲がると後半でフロント側が逃げるような感じがします。
実際にラインが明らかに膨らむわけではないですが、内心ヒヤッとすること数回。
フロントサスが伸び始めるのが早いのでしょうか?
このあたりはリアの設定も含めて考えないといけないなですね。
よくわかりませんが(´・ω・`)

慣れなさからなのか上記のような不安定さはありますが、全体的には走行中にギャップ超えた時のハンドリングの安定感はかなり良くなりました。

また、ブレーキ時も前よりブレーキ操作に対してさすが綺麗に動いて操作しやすいような…これは気のせいかもしれません。

久しぶりに走ること自体が楽しめた週末でした( ´▽`)

ではまた~

| カスタム | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイレンサー交換後



前回交換したtogaのスリップオンサイレンサーのその後です。

⚫︎
音は実際に聞いてもらうのが一番分かりやすい。ってことで純正との比較動画を撮ってみました。

だいぶ小うるさく太い音になりました。

⚫︎乗ってみて
下調べ段階でアフターファイヤーが酷いと多くのブログにあったので覚悟していました。
実際乗ってみると、アクセルを閉じる度にパンパンと鳴ります。
峠ならさほど問題ないかもしれませんが、住宅地ではとてもじゃないけど走れません…



当然その対策もあるわけですが、そもそもなのはアフターファイヤーの原因は抜けが良くなったために生じる未燃焼ガスとそれを燃やすための2次エアーシステムの二つです。
正攻法はEFIではマップ書き換えによる燃焼を最適化ですが、マップの書き換えのデータなんてディーラーでないと出来ないです。そもそも車検非対応で社外品なので受け付けてくれません。

そうなると残るのは2次エアー側をどうにかする方法です。
メジャーな方法は2次エアーシステムそのものを取り外してメクラをしてしまう方法。ただはずてしまうと当然車検は通らないし、その度にタンクを外して取り付けてというのも非常にめんどくさい!

で、調べて行くとエアーの吸気口を塞げば良いという情報が!!

みなさんいろいろ考えますね~(´ω` )

スポンジやビー玉入れてる人が多いみたいですけど何と無く吸い込まれそうで怖いので↓こんな感じにしてみました。



ただウエスを挟んだだけ。

何度か挟む量を調整して殆どアフターファイヤーは出ないようにして完了。

これも結局エアーの供給量を減らしてるので車検ときは外さないといけませんね。


今は強くエンブレを掛けた時しか鳴らなく鳴りました。

純正に比べてtogaは直管なので抜けが良い。
そんなこいつの大まかな回転数とフィーリングをまとめてみました。

⚫︎低回転域(アイドリング~3000回転)
少しパワーが落ちました。とはいっても比べなければ気にならない程度です。

⚫︎中回転域
一番気持ちいい回転域です。3500回転くらいから開けていくと良い音で軽々と回って行きます。パワーは変わらないか落ちたんでしょうが、抜けが良く音も気持ち良いので、加速が良くなったような気分に。

⚫︎高回転域
純正ではレッドゾーン手前8500回転まで綺麗に回っていたのに対して、8500でレブリミットが掛かるようになりました。ただ巡行はしてないのでただタコメーターが間に合っていないだけかもしれません。普段レッドゾーン手前まで使うことは無いのですが、咄嗟にレブリミットかかると焦りますね。

まとめると

実パワーはおそらく落ちてるけど気分は良い

そんなところでしょうか笑


次はフェンダーレス化に挑戦予定(´ω` )

| カスタム | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイレンサー交換

朝晩も冷え込むようになりすっかり秋めいてきました。
ここ2週間バイクに乗っていないまえけんです。

さて、時間が前後しますが、先日の長野ツーリングの前日、サイレンサーを社外品に交換しました。

変えたのはtoga THRUXTON PEASHOOTER SILENCER PAIR 。イギリスのNorman Hydeで購入しました。

購入したてから手元に届くまで約10日、スムーズに届きました。

で、取り付け作業は特に写真もないですが、取り付けステーにボルト穴が2列あってどちらにつけるのかわからず苦戦したくらいでしょうか。

結局下側の穴が正解でした。
上はキャプトンマフラーの時に使うのでしょうか?説明書がないのでわかりません。

これが


こうなります


後ろから新旧比較


かなり細身になりました。それから長くなったかな?
マフラーは細身が好きな僕としては大満足な見た目です。

で、両方付けたところで問題発生。

スラクストン(ボンネビルも)はサイドスタンド(センタースタンドも)のストッパーがマフラーに付いているため、今回社外品にした為にストッパーが無くなってしまいました。その結果、マフラーに直接サイドスタンドが当たるまで止まりません。
僕の場合はステップを交換しているので、シフトレバーにサイドスタンドが当たってしまいました。
これではサイドスタンドも降ろせないし、シフトチェンジにも支障があります。

どーしたらいいかなーと、マフラー下を覗き込んだら、サイレンサーとエキパイを留めるクリップがちょうど良いところに。
近所のホームセンターで適当なゴムブッシュを購入してボルトを通して固定。



これでやっとサイドスタンド干渉問題発生も解決してやっと取り付け作業終了です。

通勤中に書いているとですが、時間になってしまったので感想は次回。。

<余談>
ホームセンターに向かう途中で10数年ぶりにパンク修理をしました笑



この手の構造はママチャリと違って簡単に交換できますね(´ω` )

| カスタム | 08:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。